日本や世界や宇宙の動向さんから「コロナ・パンデミック → NWOの新制度」

NWOグローバリスト 世界

コロナ・パンデミック → NWOの新制度

NWOグローバリストの策略

以下は1969年にNWOのインサイダーが講演の場で暴露したNWOアジェンダについてです。これは米国を対象にしていますが、どの国も同じことです。

NWOグローバリストは既に何十年も前からNWOの実現のための準備を行ってきており現段階では準備の殆どができつつあるような気がします。今、まさに診断や治療が難しい感染病が世界に拡散されています。既に監視システムは完成しており、まだやっていないのはほんのわずかです。IDチップを埋め込むことや、国民が貧困になり自分の家を持つことができなくなります。その結果、当局に他人と生活を共にする共同住宅をあてがわれます。彼らのやり方に逆らうと収容所に送られ殺害されます。

パンデミック後にNWOのアジェンダは最終段階まで進んでいくのでしょうか。それとも世界はNWOから逆流していくのでしょうか。現在は、パンデミックを口実に世界中が封鎖され全体主義体制下に置かれた状態になっています。パンデミック終了後にも全体主義が続くのでしょうか。世界は中国のような一党独裁体制下に置かれるようになるのでしょうか。それとも中国共産党が解体されいくつかの民主国家が誕生し世界が良い方向に変わっていくのでしょうか???

https://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2020/03/insider-leaks-entire-new-world-order-agenda-2516966.html
(概要)
3月30日付け

NWOのインサイダーがNWOアジェンダを暴露
 

 

恐ろしいNWOアジェンダの詳細が暴露されました。


1969年、複数の医師らが集まった講演でNWOインサイダー(Dr.デイ)がNWOアジェンダを語りました。

Dr.デイの講演を聴いた(会場でノートに内容を書き留めることが禁止されたため帰宅直後に聴いた内容を思い出してノートに書き留めた)Dr.ドゥネガンが20年後(1989年)にカセットテープでその内容を録音することにしました。しかしDr.デイは、講演で話した内容は講演終了後に全て忘れてほしいと医師らに要請していました。

講演でNWOの秘密を暴露したDr.デイはこの情報が国民に知られたなら彼の命が危なくなると言っていました。偶然にも、Dr.ドゥネガンが講演で聴いた内容をテープに録音し他の人に配布し始めた年(1989年)にDr.デイは亡くなりました。

以下は、Dr.ドゥネガンがカセットテープに録音したNWOアジェンダの情報の一部です。

・既に1969年時点でNWOの準備が整っており、誰もそれを止められない。 

・国民が所持する(狩猟目的以外の)全ての銃器を押収する。狩猟については当局の許可が必要。
・ロックフェラー研究所では既に癌の98%を完治させる治療法を完成した。しかし増えすぎた世界人口を削減する(病気などで死なせる)ためにもこの治療法は一般には公開しない。

・同性愛を促す。なんでもありにする。
・家族の重要性を低下させ人暮らしを促す。
・国民に安楽死を促す。安楽死用の薬で自死させる。
・バースコントロールの厳格化。子供が欲しくても勝手に子供を作れなくする。
・愚かな国民は規則正しい食生活を送らないし適度な運動もしない。その結果、早死にするがそれは都合がよい。
・開業医をなくす。彼らは儲けすぎている。

・人口削減のために、診断、治療が難しい病気を発生させる。 

・魅力的なランニング・シューズやスポーツ用品を作り洗練された国民に運動をさせる。

・ロマンティックな音楽を排除する。古い曲をラジオ番組で復活させる。若者に独自のラジオ局を持たせる。古い映画を高齢者に見せる。

・芸能を介して若者を変化させ洗脳する。

・総菜を食料品店で販売させる。コンビ二で販売する食品は不健康なものにする。自分の食事も作れず運動もしない怠け者を早死にさせる。

・思春期を早める。
・暗殺の手段として心臓発作を誘発させる。

・全ての宗教を融合させる。しかしキリスト教は消滅させる。最初にローマカトリック教会を消滅させ、次に他のキリスト教を消滅させる。その後、新しい統一宗教を誕生させる。

教会の協力を得て、時間をかけて聖書を書き換える

・洗脳のツールとしての教育制度を再構築する。子供たちは多くの時間を学校で過ごすことになるが、そこでは何も学ばない。教育の中で子供たちを特殊化させ、自由に進路変更ができなくさせる。

・旅行や移動をするには必ずIDが必要になる。IDをなくしたと言わせないために皮膚の中にIDチップを埋め込む。

・情報にアクセスできる国民をコントロールする。一部の書物を廃棄するか内容を変えてしまう。図書館の本を泥棒に盗ませる。

・無法地帯のような環境を作り出すために国民に麻薬の使用を促す。警察に逮捕され刑務所に放り込まれる麻薬依存者を急増させる。

・食料を厳しく管理し国民が自家栽培できなくする。国民には必要最低限の食料を与える。国民が食料の備蓄や自家栽培をした場合は犯罪者として扱う。国民は支配者の制度を逸脱する行為をしてはならない。・家族をバラバラにするために、まずは旅行や移動が安くできるようにする。次に殆どの国民が旅行や移動ができなくなるほど高額にする。

・社会を統制するために犯罪を増やしていく。
・刑務所を増やす。病院も刑務所として使う。

・米国に生産拠点を失わせる。他の国々が米国が生産してきた製品を作るようになる。

・スポーツを社会変革のツールとして利用する。グローバル・ゲームのサッカーを促進する。アメリカンフットボールやベースボールのような米国で生まれた球技は排除したい。


・いかなる国家威信も持ってはならない。

テレビ番組や映画でセックスと暴力を大量に取り入れる

・各テレビに隠しカメラが設置しテレビ部屋にいる全ての人を監視する。

全ての国民にIDチップを埋め込む。 


・国民が食べる食品に何を添加するかをコントロールする。
・気候は既にコントロールしている。特定の地域で雨量をゼロにすることでその地域を支配する。また、収穫時に雨を降らせて農作物の収穫を難しくさせる。
・何をするにも2つの理由(嘘と真実)を用意する。国民は嘘の理由を教えられてもそれを信用してしまう。
・NWOアジェンダを押し進めるために科学的研究データを捏造する。

・テロリズムを利用して国民を支配する。
・家の所有権は過去のものになる。
・NWOの新制度は平和的なやり方でもたらされるか核戦争寸前でもたらされることになる。国民は平和のために国家主権を飽きらめることになる。

・多くの国民がNWOアジェンダに抵抗を示す場合は核爆弾を数回使って無理やり従わせる。

・集団をコントロールするためには戦争が理にかなっている。世界戦争を起こせば数百万人が殺害されるため子供を作り続けることができなくなる。しかし核兵器を持つ国が多いため世界的な核戦争は起こさない。

・ 米国でNWOを実施するには核テロが必要かもしれない。

・インフレは支配するためのツールになる。お金をクレジットに変え、現金を使えなくする。現金はガムを買うだけの少額のみを持たせる。それ以外は全て電子マネーで取引をさせる。最終的に複数の銀行が残るが、それらはみな1つの銀行システムに組み込まれる。

・国民が何を購入したかについては全て追跡する。国民が無駄遣いをした場合は当局に通報が行き、調査することになる。

・国民は富を蓄積することができなくなる。権力者にとって国民が豊かになることは望ましくない。

・国民が貯金をしすぎたなら、富を蓄積できないように給与をカットする。 

・国民にクレジットカードを使うよう促す。そして国民を借金まみれにし当局から厳しい処罰を受けさせる。

・国民には1枚のクレジットカードのみを使わせ、その後、右手或いは額の皮膚の中にIDチップを埋め込ませる。

・国民がテレビを観ている間、中央局がテレビを観ている国民を監視する。テレビのスイッチを切ってもまだ国民は監視される。国民がどんな番組を観てどのように反応するのかを全て把握する。

さらに各家庭の電話線を介して国民を監視する。街中に監視装置が設置されるようになる。

・既に自分の家を所有している国民はそのまま家を持ち続けてもよいが若者には自分の家を買わせない。空き家がたくさんあっても住宅価格は意図的に下げない。そのため若者は貸家に住む以外に方法がなくなる。

・国民に住居を割りあてる。そして他人も同じ住居に住まわせる。しかしNWOの新制度に従わない国民には住居を与えない。そのような国民は特殊な場所に連れていき、そこで拷問し殺害する。

・NWOの新制度は突如冬の週末から始まる。NWOは月曜日に新制度を発表するだろう。新制度の下では誰も余暇を持てなくなる。

 
オーストラリアのニュースキャスターがNWOを宣言しました。
日曜の朝、オーストラリアの複数のテレビ局がニュースでニューワールドオーダーが到来と宣言しました。 

多くの人々がアノニマスのQアノンが世界の人々を救ってくれると期待していますが、主要メディアがついにニューワールドオーダーを口にしたことが信じられないと感じています。 主要メディアは、コロナ・パンデミックで非常事態となった今、このような人権を侵害するような言葉を口にすることも許されるようになりました。
詳細:https://beforeitsnews.com/new-world-order/2020/03/multiple-australian-television-news-broadcasts-declare-new-world-order-is-here-8783.html

「我々はグローバリズムに基づきNWOを確立せねばならない」-ワシントンD.C.の米議会の演説で熱心にNWO(新世界秩序)を推奨するマクロン仏大統領

NWOグローバリスト
竹下雅敏氏からの情報です。
 フランスのマクロン大統領がワシントンD.C.を訪れ、熱心にNWO(新世界秩序)の推奨をしたらしい。マクロンは、“我々はグローバリズムに基づきNWOを確立せねばならない”と米議会で演説したようです。時事ブログでは、グローバリズムとはNWO(新世界秩序)にとって不可欠なもので、ほんの一握りの大金持ちが世界を支配し、その他の人間が奴隷になることで、 TPPはNWO完成のために、悪党どもが何としても成し遂げたいと思っているものだと説明してきました。
 日本では、菅直人元首相が“平成の開国”と言い出して、 TPP推進に舵を切りました。自民党は「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない。」と公約で謳っておきながら、選挙で勝つと態度を180度変えて、TPPを熱心に推進してきたことは、誰もが知る事実です。
 要は、民主党であれ自民党であれ、ディープステートの命令には逆らえない。民意は無視。これが、私たちが知っている民主主義です。
 彼らはメディアを使って、グローバリズム、そしてTPPがあたかも素晴らしいものであるかのように宣伝します。しかし、アフリカや南アメリカで行われてきたことを少しでも知っていれば、グローバリズムを評価することはとても出来ません。しかし、私が見るところ、中途半端に知識人ぶっているタイプの人間がグローバリズム賛成派に多いようです。彼らは、自分たちが奴隷にされるということを全く理解していません。
 マクロンがロスチャイルド家の使用人であることは、悪魔のハンドサインを見てもわかると思います。
 面白いのは、“続きはこちらから”のスプートニクの記事。英仏大統領が植えたナラの苗木が消えてしまったというのです。トランプ政権がマクロン大統領をどのように見ているのかを示唆する事件だと思います。
(竹下雅敏)

コメント

タイトルとURLをコピーしました