さあさ!いらっしゃい!改竄、隠蔽、デマ情報垂れ流し放題に税金で24億円の予算つけてやってるよ~。

休業補償アンケート 政治

さあさ!いらっしゃい!改竄、隠蔽、デマ情報垂れ流し放題に税金で24億円の予算つけてやってるよ~。

こんなのに予算24億円使うなら宿泊所確保に使うべき

 

これが正しい!何故票がひっくり返るのか???↓

画像 
これがさ!こう改竄されたんだよ!!!
 
 
 
画像

外務省のHPにも記載されている24億の「ネガティブな対日認識払拭」予算 「外務省予算・決算」のページにPDFが(https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100042203.pdf)

24億円のやつが問題になっている予算だよ。↑

外務省が日本のコロナ政策への批判チェックに24億円! 厚労省でも同様の予算…国民の生活補償より情報操作に金かける安倍政権

現金給付の対象になるのはごく一部、休業補償も頑として認めない

──国民の生活を無視しつづけている安倍首相の新型コロナ対策。

その一方で、昨日本サイトでもお伝えしたように、

「全世帯に布マスク2枚配布」に466億円も注ぎ込むことが判明したが、

新型コロナ対策として、ほかにも驚きの予算が計上されていることがわかった。
 
 日本のコロナ対策に対するSNSなどの批判を封じ込める情報操作の対策費として、

なんと24億円が計上されていたのだ。

 これは、外務省予算としてあげられた「我が国の状況や取組に関する情報発信の拡充」。

外務省の資料によると、以下のような趣旨の予算らしい。

 

〈感染症を巡るネガティブな対日認識を払拭するため,外務本省及び在外公館において,

SNS等インターネットを通じ,我が国の状況や取組に係る情報発信を拡充。〉

 さらに、この対策について、7日付の毎日新聞ではこう伝えていた。 

〈外務省は新型コロナウイルスへの日本政府の対応に関し、

海外からのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)投稿を人工知能(AI)などで調査・分析したうえで、

誤った情報に反論する取り組みを始める。〉
〈集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の対応を批判する投稿が相次いだことを踏まえた対応。

ツイッターなどの情報を分析する企業に委託し、主要20カ国・地域(G20)などからの書き込みを収集・分析する。

誤った情報だけでなく、関心が集まる懸念事項があれば、日本政府が「正しい情報」を発信する。〉

 

 つまり、「ネガティブな対日意識の払拭」「日本政府が『正しい情報』を発信」するために、

新型コロナ対策のための予算を24億円も投入する、というのである。

 

 しかも、こうした予算を計上しているのは外務省だけではない。

7日に閣議決定された新型コロナの緊急経済対策では、感染拡大防止の一環として「情報発信の充実」が掲げられたが、

この方針に従って、他の省庁でも一括した項目のなかに、こうした予算を忍び込ませているケースがある。

 

 たとえば、今回の新型コロナ対策では、厚労省予算として

「新型コロナにかんする国民の不安や疑問に対応するためのコールセンター設置や広報の充実」に35億円が計上されているのだが、

そこでも〈海外に向けて積極的に情報発信を行う〉と記されている。

この35億円のなかにも海外向けの情報発信の予算が含まれている、ということだ。

 

 一方、たとえば「外国人患者等への対応強化」に計上されている金額は7.3億円(厚労省予算)だ。

こちらは外国人の命にかかわる問題だが、

それよりも「ネガティブな対日意識の払拭」のための海外情報発信に数倍の金を投入しようと言うのである

(ちなみに「外国人患者等への対応強化」の7.3億円には

聴覚障害者に向けた受診時などの遠隔手話サービス体制整備費も含まれている)。

 

 いや、そもそも大前提としてこれが問題なのは、

〈「ダイヤモンド・プリンセス」の対応を批判する投稿が相次いだことを踏まえた対応〉だというように、

この海外への情報発信がたんに批判封じのための対策だということだ。

 

 たしかに、日本のクルーズ船対応に対しては、米ニューヨーク・タイムズが

2月11日に「日本政府は、公衆衛生の危機対応として『これをやってはいけない』見本として教科書に載るようなことをやっている」

と批判する記事が掲載されるなど、海外から批判が相次いだ。

だが、これは「誤った情報」などではない。

実際、2週間の健康観察期間後にクルーズ船を下船した人などから発症者が出ており

、船内で2次感染が起こっていたとしか考えられないからだ。

アメリカの国立衛生研究所のアンソニー・ファウチ氏がクルーズ船内を

「ホットスポット」と表現したことも、ニューヨーク・タイムズ紙が「やってはいけない見本」だと指摘したことも

間違いではけっしてなかったのだ。

 だが、日本政府はこうした真っ当な批判をもとにしたSNS投稿を「ネガティブな対日認識」と捉え、

「正しい情報を発信する」などと言うのである。

 

コロナ対策より、批判封じに血道をあげる安倍政権 標的は『羽鳥慎一モーニングショー』

 

 そして、こうした日本政府による「批判潰し」は、すでにはじまっている。

『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)に“デマ情報”で名指し攻撃をおこなった厚労省は、

3月8日にも米CNNの報道にこう噛みついていた。

〈新型コロナウイルス感染症の「相談・受診の目安」が、

「PCR検査」の能力との関係で厳しく設定されているとの報道がCNNなどでありました。

しかしながら、両者は別のものです〉
〈検査体制能力については、国立感染症研究所・検疫所に加え、地方衛生研究所、民間検査会社や大学などの協力を得ながら、1日6,000件を超えています。そして現在も、検査能力を拡大しています。〉

 

まったく何を言っているのだか。

この当時の検査数は、3月4日に3800人を記録しただけで、

あとは1日数百人以下にとどまっていた。

 

この反論から約1カ月後の現在も、安倍首相は「検査実施数を1日2万件に増やす」などと喧伝しているが、

4月8日の実施数は5597件(8日時点)。現時点で検査実施数が6000件を超えた日は1日もない。

 

 自分たちの不備をごまかすために論評を頭から否定し、ごまかしの情報を垂れ流す……。

しかも、こうした態度は海外メディアに対してだけではない。

 本日、本サイトでお伝えしたが、西村康稔コロナ担当相が7都府県知事に休業要請を2週間程度見送るよう要求していた件では、

“安倍官邸の代弁者”である田崎史郎氏が『モーニングショー』で、“西村大臣に直接訊いたら

「2週間やめたら効果が出る可能性がある」というのは専門家の意見だ”などと言い、

その専門家は厚生労働省のクラスター対策班メンバーの西浦博・北海道大学教授だと名指しまでした。

 

だが、名指しされた西浦教授はTwitterで、「2週間の様子見」を自分の提案だとした田崎氏の解説を完全否定した上、

「休業要請を2週待つ」という方針を真っ向から否定。

〈田崎さんのソースは官◯ですね〉

〈「西浦が2週様子を見てから休業補償」と言ったという田崎=西村ラインの嘘話

(さて誰が本当の謀略者でしょう)〉と投稿し、

これが安倍官邸と田崎氏による策略であることをほのめかした。

 

『モーニングショー』などの個別番組への攻撃だけではなく、

休業補償を出したくないために御用ジャーナリストを使って嘘の情報を流し、

専門家に責任を押し付けようとする安倍官邸──。

 

この一件からもわかるように、一貫して安倍首相周辺がやっていることは、

「『正しい情報』を発信する」というようなものではなく、「デマを流して正当化をはかる」ことだけなのだ。

 

休業補償もせず、批判封じ込めに金を使う安倍政権の対応について、海外に発信を!

 

 安倍首相は緊急事態宣言を発令した際の会見で

「いま、私たちがもっとも恐れるべきは、恐怖それ自体です」などと

世界恐慌時のフランクリン・ルーズベルト大統領の台詞をパクリ、

「SNSで広がったデマによって、トイレットペーパーが店頭で品薄となったことはみなさんの記憶に新しいところだと思います」だの

「恐怖に駆られ、拡散された誤った情報に基づいてパニックを起こしてしまう。

そうなるとウイルスそれ自体のリスクを超える甚大な被害を私たちの経済、社会、そして生活にもたらしかねません」だのと、

上から目線で説教を垂れた。

 

しかし、そうしたデマを率先して流しているのは

日本政府、安倍官邸なのである。

 

 そして、この期に及んでこの国は、海外に向けて、批判封じのための情報発信に24億円以上を投入しようというのである。

 

だが、こんなやり口が海外に通用するだろうか。

 

忖度が通用しない海外メディアは日本のPCR検査数が少ないことを指摘しつづけ、

最近では緊急事態宣言をめぐっても厳しい反応が続出。

CNNは日本で感染者が早くから出ていたことに言及し

「世界の他の多くの地域で見られるような大胆な措置を取るのが遅かった」と指摘、

英BBCも「ドイツや米国は、

日本が社会的距離確保の措置実施や新型コロナの広範囲な検査実施に失敗したと強く批判している」

と報じた(時事通信8日付)。

もちろんSNS上でも、日本の新型コロナ対応の杜撰さには世界中の人々から冷ややかな意見や同情などが集まっている。

 

 その上、世界を相手に自由な論評、批判を封じる恥の上塗りのような対策を、

巨額を積んでやろうという安倍政権。

そんな金があるのなら、現金給付や休業補償に使うべきだ。

そして、ぜひ読者のみなさんには、

休業補償もせず、批判封じ込めに金を使おうという安倍政権による卑劣な新型コロナ対応について、どんどん海外に向けて発信してほしい。

 
外務省が日本のコロナ政策への批判チェックに24億円! 厚労省でも同様の予算…国民の生活補償より情報操作に金かける安倍政権 - 本と雑誌のニュースサイト/リテラ
  現金給付の対象になるのはごく一部、休業補償も頑として認めない──国民の生活を無視しつづけている安倍首相の新型コロナ対策。その一方で、昨日本サイトでもお…

 

例えばこれがそうだ!

 

画像 

 

これが証拠!なぜ%がひっくり返る???????

 

 

すごいでしょ?24億円の威力!!!!

信じられますか?国が国民の意見をインチキをして捻じ曲げてしまうんですよ!!!

やっと気が付きましたか?

不正選挙が現実味を帯びてきたでしょう?

 

画像 

 

国民の生活は保障せずに、てめえ達の批判を潰すためにこんなことをやってるんですよ

これはほんの一例

まだたくさんあります。

信じられないとか言っている場合じゃないんですよ

そんなこと言っているうちに殺されますよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました