ジョンソン首相の怒り=輸入検査キット、中共ウイルスが付着 故意か

粘液採取綿棒 ウイルス

ョンソン首相の怒り=輸入検査キット、中共ウイルスが付着 故意か

ジョンソン首相、中国との5G契約取り消す

英メディア『CD Media』の報道によると、英首相ジョンソン氏は今後、中国企業ファウェイとの5G通信に関する契約を取り消すとともに、強い怒りを感じると関係者の二人が述べたという。その原因は、中国より発送された検査キットはすでに中共ウイルス(新型コロナウイルス)に汚染されていることにあるという。

 ユーロフィン(Eurofins)社がルクセンブルクで組み立てた同ロットの検査キットは、鼻と口より検査体を採取する細綿棒にウイルスが付着していることが判明。これにより、被検者は直接感染させられる可能性がある。この件について、ユーロフィン社は、検査キットのパーツは「他国より提供されている」と述べた。

 海外在住の中国人評論家王篤然氏は、中国より輸入された検査キットは中共ウイルスを携帯するので非常に恐ろしいとコメントした。ウイルスを感染していない人も、検査後感染する恐れがある。故意にせよ、不意にせよ、被検者の命が奪われる恐れがあるともコメントした。

 中国共産党に対し怒りを感じるのは、ジョンソン首相だけでなく、イギリスの民衆も世論調査で同じ怒りを表した。

 4月8日、英『デイリー・エクスプレス』紙はホームページで読者投票を実施し、イギリスでの肺炎の感染に対しジョンソン首相は中国共産党への求償の是非について調査を行った。

 当投票は午後1時から10時まで実施し、計4,003名の読者が投票した。その結果は、「賛成」92.5%(3,702票)、「反対」6%(240票)、そして「わからない」1.5%(61票)であった。

ニュースの偏向裏読み

大規模なコロナウイルス検査をランプアップする英国の試みは、海外から発注された主要なコンポーネントがコロナウイルスで汚染されていることが発見された後に打撃を受けている、テレグラフ紙は、開示することができます。

国中の実験室は月曜日にウイルスの痕跡が今後数日間の配達のための部品で検出された後、遅延を期待するように警告された。

それは、大臣や公衆衛生のチーフは、英国のテスト能力は、米国や韓国を含む他の主要な国の後ろにはるかに遅れているように見える理由についての成長している質問に直面しているように来る.

生産を加速させるために、政府は民間企業に協力を求めている。

(上記Twitterのテレグラフ紙の日本語訳の一部、後半は登録者限定のため
翻訳不可でした。)

どうもいろいろ調べてみると、フェイクニュースのようでした。

一方、日本でも中国と検査キット提供の話し合いがもたれているようです。

 2020年2月20日、中国側から日本側に新型コロナウイルス検査キットを支援した件について、在日本中国大使館報道官と記者による質疑応答が公開された。

 日本国内で新型コロナウイルスの検査キットが不足していることを受け、中国側は直ちに協力の意向を日本側に伝達、関係方面と調整し中国のBGIグループと深圳市マンモス公益基金会を通じて、新型コロナウイルス検査キットを国立感染病研究所に無償提供したとのこと。

 併せて、ウイルスには国境の区別がないため、国際社会が共同で対応することが求められ、中国側は引き続き日本側にできる限りの支援を提供し、緊密に意思疎通と協力を展開し、手を携えて新型コロナウイルス感染症との戦いを一日も早く勝ち抜き、両国国民の健康と安全および地域と世界の公衆衛生の安全を共に守っていきたい、と表明した。

出典元 Science Portal China

このように日本側でも中国と検査キットの提供が話し合われているようですが

今回のニュースがフェイクであったとはいえ、どこまで信用できるかはわからない

というのが実情だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました